目次


スペックデータ


チャレンジパッド2のスペックデータです。

TAB-A03-BS

無題196_20201010135257.png20201010_153309.jpg

撮影: CyberRex

型番TAB-A03-BS
CPUARM Cortex-A53 (4コア, 1.51GHz, PXA1928内蔵, ARM64(arm64-v8a))
GPUVivante PXA1928 GPU(208MHz, PXA1928内蔵)
チップメーカーMarvell
RAM2GB
ROM16GB:システム領域1.79GB,ユーザー領域11.19GB
ディスプレイ800×1280 mdpi(WXGA)、10.13インチ
画素密度: 149ppi
画素ピッチ: 0.17mm
総画素数: 1,024,000ピクセル
タッチパネル:静電容量方式、マルチタッチ5点
OSAndroid 5.1(ARTバージョン 2.1.0)
無線LANIEEE802.11 b/g/n/a/ac (2.4GHz/5GHz デュアルチャネル対応)
Bluetooth4.1
その他GPSモジュール、MiniUSB端子、イヤホンジャック、microSDカードスロット、カメラ(前面,背面 (背面はレンズ駆動式)
センサー加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、照度センサー、回転ベクトルセンサー、重力センサー、線形加速度センサー、回転センサー
スペック
機能高(センサー等がありセンサーを使用するアプリ等が使用可また、静電容量方式な点)
カメラ前面200万画素
カメラ背面500万画素
内蔵スピーカー○(モノラル)
イヤホンジャック

TAB-A03-BR,BR2,BR2B

型番TAB-A03-BR TAB-A03-BR2 TAB-A03-BR2B
CPUARM Cortex-A53 (4コア, 1.51GHz, PXA1928内蔵, ARM64(arm64-v8a))
GPUVivante PXA1928 GPU(208MHz, PXA1928内蔵)
チップメーカーMarvell
RAM2GB
ROM16GB:システム領域1.79GB,ユーザー領域11.19GB
ディスプレイ1280×800 mdpi(WXGA)、10.13インチ
画素密度: 149ppi
画素ピッチ: 0.17mm
総画素数: 1,024,000ピクセル
タッチパネル:感圧方式
OSAndroid 5.1(ARTバージョン 2.1.0)
無線LANIEEE802.11 b/g/n/a/ac (2.4GHz/5GHz デュアルチャネル対応)
Bluetooth4.1
その他MiniUSB端子、イヤホンジャック、microSDカードスロット、カメラ(前面、背面。背面はレンズ駆動式)
センサー加速度センサー、照度センサー(BR2・BR2Bには非搭載)
スペック
機能低(感圧方式かつセンサー等大部分がない為)
カメラ前面200万画素
カメラ背面500万画素
内蔵スピーカー○(モノラル)
イヤホンジャック

動作環境 こちらも参照

⚠︎G のマークがあるアプリはGooglePlay開発者サービスが無いと動作しません。

GooglePlay動作可能、インストール不可(android.permission.INSTALL_PACKAGESを付与できないため)詳しくはこちらG
GooglePlay開発者サービス動作可能、使用可能(権限不足のため一部機能利用不可)G
Google Play services for Instant App動作可能、使用不可
Googleアカウントマネージャー(Android4.4(kitkat)用のみ)(5.1LollipopのVerはGSF、GMS、GLS、PhoneSkyに全ての権限を付与した場合使用可能)動作可能、使用可能G
Googleサービスフレームワーク (5.1動作不可(rootが必要))動作可能、使用可能 G
Googleパートナーのセットアップ動作不可、使用不可
GoogleBackupTranspot動作可能、使用不可(android.permission.BACKUPを付与できないため) G
Googleカレンダーの同期動作可能、使用可能
Googleの連絡先の同期動作可能、使用可能

動作可能Google関係及び同期アプリはこちらでダウンロード出来ます。

その他


学習環境では、セーフモードは使えない。

ストレージ性能

TAB-A03-BR/BR2/BR2B

パーティション情報


$ adb shell cat /proc/partitions
major minor  #blocks  name
179        0   15267840 mmcblk0
179        1        256 mmcblk0p1
179        2        256 mmcblk0p2
179        3       1024 mmcblk0p3
179        4       2048 mmcblk0p4
179        5       1024 mmcblk0p5
179        6       1024 mmcblk0p6
179        7      10240 mmcblk0p7
179        8      16384 mmcblk0p8
179        9      16384 mmcblk0p9
179       10      11264 mmcblk0p10
179       11       3072 mmcblk0p11
179       12       1024 mmcblk0p12
179       13       1024 mmcblk0p13
179       14      16384 mmcblk0p14
179       15      16384 mmcblk0p15
179       16    1941504 mmcblk0p16
179       17    1105920 mmcblk0p17
179       18   12058624 mmcblk0p18
179       72       4096 mmcblk0rpmb
179       48       4096 mmcblk0boot1
179       24       4096 mmcblk0boot0


&ref(): File not found: "_20200408_121436.JPG" at page "チャレンジパッド2のスペック";

機種


TAB-A03-BS

タッチパネルのタイプ静電容量方式
マルチタッチ(同時押し)◯(最大5点)
提供元不明のアプリ削除されない
最新ビルド番号01.16.000
カーネルバージョン3.10.33
セキュリティパッチ2018-03-05

TAB-A03-BR/BR2/BR2B

タッチパネルのタイプ抵抗膜方式
マルチタッチ×
提供元不明のアプリ削除される
最新ビルド番号(中学&小学)02.04.000
セキュリティパッチ2018-03-05
センサー有無BR2・BR2Bは加速度除く全てのセンサーが無い

主なシステムアプリ


FirmwareUpdate/オフラインアップデート

タブレットOEMの三洋テクノロジーソリューションズ鳥取によって開発されたタブレットのファームウェアアップデータ。

詳細はこちら

タブレットのシステムアップデートをするアプリ。
/storage/external/にupdate.zipを配置すればアップデート出来るが、署名チェックが実行されるためベネッセが出したupdate.zipしかアップデートを実行できない。

+  余談

中ゼミ アップデーター

チャレンジパッド2本体をアップデートする。
ACCESS_SYSTEMによってシステム権限でアップデートファイルを/cacheにコピーし、リカバリーモードで再起動して、アップデートを行う。

中ゼミ アップデートサービス/UpdateService

ファームウェアのダウンロードをサポートする。
ACCESS_SYSTEMによってアプリのサイレントインストールをして、アップデートを行う。並列ダウンロードしていない為アップデートは遅い。

中ゼミ 異物混入検知アプリ

タッチパネルにごみが挟まったら自動的に教えてくれるお役立ちアプリ。
BSは静電式の為機能していない。

中ゼミ/ホームローディング

ホーム画面を起動するのにつかわれる。アップデートのチェックなどを行う。
また、ACCESS_SYSTEMによって、ユーザー数、端末の状態の確認、ナビゲーションバーの非表示、ADBの無効を行う。
端末が学習にそぐわない状態だった場合等にローディングでエラーになる。

中ゼミ 専用ブラウザー/DchaBrowser

チャレンジパッド2のメインアプリケーション。中学講座はすべてブラウザにより表示されている。
小学講座はホームはアプリだが学習時はブラウザである。
アクセスできるページは、XMLファイルによって制御されている。
脆弱性がBSには存在していたが対策された為XMLの改変によるすり抜けは不可能になった。
ホーム画面もHTML5で構成されている。
外部アプリを起動できる関数が備わっている。 (BenesseBrowser.transitionExpresslyApk)

中ゼミ タッチ 専用ブラウザー

チャレンジパッド2のメインアプリケーション。すべてブラウザにより表示されている。
なおこのアプリは中2,3講座のみ 中ゼミ 専用ブラウザーとは微妙にパケットサイズが異なっている
またホーム起動時に表示されていたホームを起動しています。のトーストは表示されなくなった。
外部アプリを起動できる関数が備わっている。 (BenesseBrowser.transitionExpresslyApk)

中ゼミ ユーザー設定/DchaUserSetting

名前の通り、画面の明るさやwifiの設定、sdカードへコピー、接続テストなどの設定を提供する。
また、ユーザー数を確認する。作成するとエラーになる。
端末情報までいくとナビゲーションバーが表示される。オープンソースを開き、文字を選択しブラウザで開くを押すとブラウザで開くはずだがDchaStateによって管理されており、3(学習環境)だった場合、開かないようになっている。
また、ボリュームダウンボタンを押しながら、ユーザー設定のトップアクティビティを開くと、管理画面ボタンが出現し、
タップすると、パスワードを入力できる。
パスワードを入力するとAndroidの設定画面が開くが、
アップデートにより、パスワードが解析されないようSHA-256によって暗号化されたため解読は実質不可能になった。
文鎮パスワードは以前と同様であり暗号化されていない。この為設定を開くパスワードが暗号化されたのは改造対策だということがわかる。

Androidシステム

AndroidOS本体
このアプリが存在していないとOSを起動できずブートループになる。
全てのAndroidの権限を定義している為、全てのAndroidの権限が付与されている。
DchaServiceよりも強い。
起動時に画面が固まった が2回発生した際、
アプリの最適化と言う非常にメンドクサイ
処理が始まる。
全てのAndroidにインストールされている。

DchaService

こちらも参照
タブレットを管理するアプリ。
初期チャレンジパッドの物よりパワーアップしている。
独自パーミッション


jp.co.benesse.dcha.permission.ACCESS_SYSTEM

jp.co.benesse.dcha.permission.ACCESS_DATA

jp.co.benesse.dcha.permission.ACCESS_SERVER

jp.co.benesse.dcha.permission.ACCESS_ACOUNT

jp.co.benesse.dcha.permission.STOP_SERVICE

が割り当てられる。
ACCESS_SYSTEM以外は保護されており、署名が一致していないと付与されない。

+  ACCESS_SYSTEMに含まれている機能

ServerSync

進研ゼミのサーバーにアクセスして、アプリの更新など
が無いか確認するアプリ。
このアプリの独自パーミッション
jp.co.benesse.dcha.appbase.serversync.TRANSFER_DATA
※TAB-A03-BSにはない

DataStore

勉強などのデータを貯蔵しているアプリ。
※TAB-A03-BSにはない

DchaUtilService

DchaServiceにはないSystem権限の機能を提供する。
Androidシステムと署名が一致している為System権限で動作している。
ユーザーアプリなのに全てのAndroidの権限が付与される。

+  含まれている機能

SetupWizard

スタートボタンのアプリ。
•起動すると発生するアクションまとめ。

全てのデータ、アプリ、設定が消去される(端末管理アプリ除く)
システムUI以外の全アプリの通知がブロックされる
自動スリープの時間が10分に変更される
通知バーが開けなくなる
画面ロックが解除される
ナビゲーションバーが表示されなくなる
右上の時計表示が 例 20:00から●月●日午後8時00分に変更される
ダウンロードからパッケージをインストールできなくなる。ファイルマネージャーからはインストール可能。一部のモデルでは、ビルド番号が02.01.000でも使える場合がある。

起動前に内部ストレージにフォルダorファイルを置くとエラーになる

設定アプリではdcha_stateを変更できない。
これらの変更をもとに戻すには

adb shell content update --uri content://settings/system --where 'name=\"dcha_state\"' --bind value:i:0

を実行することで変更された設定がもとに戻る。
通知ブロック、アプリなどはもとに戻らない。
SetupWizardの環境に戻すなら、0を3に変えればよい。

DchaSystemSettings

初回セットアップ時に、wifiや画面の明るさなどの設定を提供する。
また、チャレンジパッド2を二度と起動しなくするTerminateTerminalのコマンドも使えるようになっている。
他にも、BroadCastRecieverを利用したプロセスをkillする機能もある。
これが、jp.co.benesse.dcha.permission.STOP_SERVICEの実態。
アップデートをする事が出来る。
※アップデートについてはこちらを参照

●TerminateTerminalについて
要するに自らAndroidを文鎮化させる機能。
チャレンジパッドの場合、管理画面からパスワードを入力するとテロップがでて、そこから実行可能。
起動時に必須なブートローダや各種システムファイルを削除する。

TsCalibration

画面補正アプリ。
工場でTAB-A03-BR/BR2/BR2B(感圧式)の画面に不具合が無いかテストする時に使われる。
なので、改造時に害は与えたりしない。
中学講座にもインストールされる。
Androidシステムと署名が一致している為システム権限で動作している。

DchaDataBox

ユーザーのログイン情報を暗号化して保存するアプリ。ネイティブメソッドも含まれるため、x86などの環境に移植するときに厄介な存在でもある。

DchaSysMonitor

ADBをブロックするアプリ。
画面のスリープを制御するアプリ。
どうやら、ADBをブロックするプロセスをひたすらループさせているらしい。
これで、タブレットが重くなってもおかしくはない。
それに、このアプリがインストールされていると、タブレットの動作が不安定になりそう。
なお、設定からアプリで強制停止されることは可能である。
※TAB-A03-BSにはない

DchaSystemProxy

SDカードへのアクセス権限を提供しているらしい。
詳細なことは分からない。
※TAB-A03-BSにはない

その他

今のところ情報はありません

提供元不明のアプリ

ログイン後に、外部アプリインストールを防止として、
ソフトの更新
と言う奴で提供元不明のアプリが消されている設定アプリがインストールされる。
いずれも消されているビルド番号は
02.00.000 以降
対策された場合、ADBでしか許可は出来ない。

adb devices

を入力後、

adb shell content update --uri content://settings/secure --where 'name=\"install_non_market_apps\"' --bind value:i:1

を入力

※TAB-A03-BSの最新ビルドでは設定可能。
恐らくTAB-A03-BR,BR2,BR2Bが消される対象の機種。BR3は消されている。

重要な機能の更新

ログイン時にインストールしたアプリを
全て更新する。(大幅アップデート)
※システムアップデートでは無い

ソフトの更新

OTAアップデート

アップデート履歴

01.11.000

・バグの修正
・フォントの追加
・システムアプリの更新

01.14.000

・脆弱性の修正
・システムアプリの更新
・情報収集中

01.15.000

システムアプリの更新

01.16.000

システムアプリの更新

02.01.000

・バグの修正
・提供元不明のアプリの消去
・ブートアニメーションの画像の変更
・システムアプリの更新

02.02.000

・バグの修正
・Benesseのアプリの更新


分解画像


分解写真は次に移動しました。移動先

ヘルプ


公開停止依頼はこちら
質問はこちら


添付ファイル: file無題196_20201010135257.png 360件 [詳細] file20201010_153309.jpg 641件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-12-03 (金) 07:41:54